化粧品 薬事法について

化粧品と薬事法について

薬事法は、医薬品や医療機器、また医薬部外品や化粧品などに対して、保健衛生上の観点から様々な規制をするための法律です。化粧品に関しては、この法律に基づいて、安全性や安定性を確保することが求められています。また製造販売業者に対しても、出荷する際の様々な責務を設けています。化粧品は、体内に入っても害がないか、また使用することで皮膚刺激が起きないかなど、安全性を確認したうえで製造されています。また一定の品質で提供するために、中身についての安全性はもちろん、容器の耐久性に関しても様々な工夫がなされています。また化粧品に関しては、標榜可能な効能効果の範囲が決められており、広告についても様々な制限があります。

Copyright(c) 化粧品 薬事法 All Rights Reserved.