化粧品 薬事法について

化粧品と薬事法について

現在さまざまな種類の化粧品の販売が行われていますが、ここには分類方法によっいくつかの種類に分けることができます。その中で薬事法という法律があります。この中で化粧品と医薬品と医薬部外品とに分類することができます。医薬品はその名の通り病気や症状の改善を目的としているものなので、医師の処方が必要となります。これに対し医薬部外品は、治療が目的ではなく、予防を目的としているものなので、作用は医薬品と比べてゆっくりと働くようになっています。また医師の処方の必要もありません。そして化粧品に関しては、美しくなると言うことを目的としているので、即効性に関しては一番ゆっくりと作用するものとなっています。2001年の規制緩和によって含まれている成分をすべて表示しなければいけないようになっています。

Copyright(c) 化粧品 薬事法 All Rights Reserved.