化粧品 薬事法について

薬事法と化粧品について

化粧品の扱いに関しては薬事法によって厳しく規制が行われています。薬事法では化粧品や医薬品や医薬部外品に分類されていますが、医薬品は病気などの治療に効果があるものとされています。医薬部外品に関しては病気や症状に関する予防に効果があるものとなっています。そして化粧品ですが見た目を美しくしたり清潔にするものとして分類されています。このように分類されていますが、薬事法では化粧品の扱いに関して厚生労働省で厳しい規制が設けられています。そして含まれている成分に関しても2001年に全成分表示が義務づけられています。肌に直接付けるものなので、大きなトラブルが発生しないようにしっかりと薬事法で管理が行われているのです。

Copyright(c) 化粧品 薬事法 All Rights Reserved.