banner

薬事法の目的や定義など

banner 昭和35年8月に制定された「薬事法」とは、日本国内における医薬品や化粧品や医療機器などに関する運用を定めた法律で、それらの品質や有効性などを確保する為の規制をおこない、医療において必要性の高い医療品や医療機器の開発促進に必要となる処置を講ずることで保健衛生の向上を目的としています。その定義として医薬品に関しては日本薬局方収載のものであること、ヒトまたは動物の疾病の診断および治療や予防を目的とするもので機械器具や医薬部外品でないものなどが挙げられます。また、一般小売店での販売が可能で人体に使用した際の作用が緩和なものである「医薬部外品」に関しては育毛剤や養毛剤など脱毛の防止や育毛などを目的とするものや生理用ナプキンや薬用石鹸などが挙げられます。

小川淳子

エムシーアンドピーについて

スカイグループ

化粧品 薬事法情報一覧

banner 現在さまざまな種類の化粧品の販売が行われていますが、ここには分類方法によっいくつかの種類に分けること

化粧品と薬事法について

banner 化粧品の扱いに関しては薬事法によって厳しく規制が行われています。薬事法では化粧品や医薬品や医薬部外品

薬事法と化粧品について

banner 薬事法は、医薬品や医療機器、また医薬部外品や化粧品などに対して、保健衛生上の観点から様々な規制をする

化粧品と薬事法について

Copyright(c) 化粧品 薬事法 All Rights Reserved.